【電子マネー】どこでも使えて経済的!納得のおすすめ3選

電子マネー ▶お金の悩み

キャッシュレス化が進んでおり、電子マネーを利用する方も増えてきました。しかし、どの店でどの電子マネーが使えて、どれが使えないかをいちいち考えるのは大変ですよね。

ただ、ずっと現金とクレジットカードを持ち歩きますか

今回は、電子マネーを上手く活用して、【財布、カードケース、定期入れ】を持つ必要がなくなる方法をご紹介します。スマホ一つで身軽に外出しましょう!

結論:QUICPay、Suica、PayPayの3つを使う

電子マネーとは?

電子マネーと一言で紹介しましたが、厳密には下記の3種類があります。

IC決済型(チャージ方式)

事前にチャージが必要になる所謂プリペイド(前払い)型です。

機械にかざしてピピっと決済するパターンですね。個人的にはチャージがめんどくさいですが、一部オートチャージの対応もしているものがあります。有名なのは下記があります。

  • Suica
  • Pasmo
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON

IC決済型(クレジット方式)

上記と同様に機械にかざしてピピっと決済するパターンですが、クレジットカードと連携して決済する、所謂クレジット(後払い)型です。

個人的にはチャージが無いため最もオススメです。有名なのは下記があります。

  • QUICPay
  • iD(docomo)

QRコード決済型

上記2つとは異なり、スマホアプリを開いて、店のQRコードをスキャンするか、自分のバーコードをスキャンしてもらって決済をします。

アプリの起動が必要なため、地下など電波が悪い店では手こずる場合があります。

しかし、店側はバーコードを用意するだけで導入ができるため、小さめのお店でも幅広く利用が可能です。有名なのは下記があります。

  • PayPay
  • 楽天Pay
  • au PAY
  • LINE PAY

どの電子マネーを使うべき?

ずばり、QUICPay、Suica、PayPayの3つを使うことをオススメします。

理由としては、【決済の効率が良い】【利用可能店が多い】【ポイントが効率的に貯まる】からです。

詳細は下記にて説明させていただきます。

QUICPayを使うべき理由

上記にも記載しましたが、クレジット型決済はチャージが不要なため、残金の確認も不要のため非常に楽であり、第一優先で利用します。

また、イオングループは使える電子マネーが限られており、クレジット型ではQUICPayiD(docomo)に限られています。(他の大手スーパーは基本的に満遍なく使える印象です)

私は楽天ポイントユーザーのため、楽天カードと連携し、ポイント1%還元にしています。

Suicaを使うべき理由

QUICPayが利用できない場合は、Suicaを利用します。

主に、電車やバスの乗車、自動販売機、駐輪場などで利用します。スマホアプリのモバイルSuicaにすることで、定期入れ(カードケース)も不要になる上、新幹線や特急にも乗れます。

PasmoではなくSuicaの理由は、楽天Payアプリを利用することで、楽天カードからチャージすることができ、楽天ポイントを貯めることができるからです。

PayPayを使うべき理由

QUICPaySuicaも使えない店も実はあります。そんな時は頼みの綱のPayPayです。

利用可能店が非常に多く、小さい飲食店や雑貨屋さん、個人商店などは、PayPayしか使えない店も珍しくありません。

PayPayも楽天カードと連携が可能なため、効率良くすべて同じポイントを貯めることができます。

ポイントを貯めているのに楽天Edy、楽天Payを使わない理由

楽天ポイントの還元率はオススメ3つよりも0.5%高く、以前はどちらも利用していました。

しかし、利用できる場所が少ないため、毎回楽天アプリが使える店かの確認をしたり、

どちらもチャージが必要なため、毎回残金を確認するストレスが結構あったため現在に至ります。

まとめ

今回は、【決済の効率が良い】【利用可能店が多い】【ポイントが効率的に貯まる】という点に着目し、全体のバランスを考えてQUICPay、Suica、PayPayの3つをオススメさせていただきました。

本件3つの電子マネーは幅広く利用できますが、住むエリアによって利用範囲は異なると思いますので、そちらについてはご留意ください。

電子マネーメインの生活にすると、購入履歴のデータが残りますので、家計簿アプリとの連携もすべて自動でできるようになります。

家計の見直しにもつながりますので、まずはQUICPayからでも使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました