【営業のしごと】営業担当が毎日何をしているか知っていますか?

ビジネスマンの画像 ▶サラリーマンの悩み

私は現在IT企業で営業をしていますが、前職では全く異なる業界で営業をしていました。業界は違えどざっくりと同じような業務をしています。

しかし、営業以外の方営業が実際何をしているのか知らない方も多いと思います。

今回は、そんな営業の業務について、簡単にご紹介させていただきます。

※私の経験に基づいて記載しておりますので、もっと業務範囲広いよ!逆に狭いよ!など様々あると思いますが、あくまで一例として参考になればと思います。

結論:営業は何もできないが、何でもやらないといけない

営業の業務とは?

営業の業務はざっくり下記があります。

  • 新規顧客のリサーチ(業界調査、企業調査、顧客調査、販売戦略検討など)
  • 新規顧客へのアプローチ(テレアポ、飛び込み、問い合わせ対応、展示会出展・訪問、セミナー開催、商品説明会、ビジネスマッチングなど)
  • 新規顧客への商品、サービスなどの提案(会社紹介、商品・サービスの紹介、提案書作成、見積書作成、販促品作成、展示会出展など)
  • 新規顧客との契約手続き(契約書作成、交渉、押印手続き、納品手続き、請求書発行、入金確認、回収作業など)
  • 既存顧客のフォロー(アフターフォロー、再紹介、再アプローチ、再提案、再契約)
  • 社内調整(自部門上司との調整、技術部門との調整、管理部門との調整、他部署営業との調整)
  • 社内業務(売上管理、顧客管理、各種申請作業、事前報告、事後報告)

非常にざっくりですが、こんなことをしています。

結構いろんなことしてますよね。

他部門の方からは上記の一部分しか見えてないのではないでしょうか。

営業は何もできない

上記の業務をしています!という記載をしましたが、すべてにおいて営業だけでは遂行できません。

業界調査は、マーケティング部門の方々に手伝っていただき、

問い合わせ対応事業企画の方々に手伝っていただき、

展示会広報の方々に手伝っていただき、

社内申請関連事業管理の方々に手伝っていただき、

商品・サービス紹介には技術部門の方々に手伝っていただき、

契約書作成には法務の方々に手伝っていただき、

回収作業には経理の方々に手伝っていただいております。

上記以外にもすべての部署の方々にいつも大変お世話になっており、一人じゃ何もできません

皆様、誠に感謝しております。

営業は何でもできる会社のNo.2

しかし、逆に言うと担当部門の次に詳しいのはいつも営業です。

営業より業界調査に詳しい経理営業より契約書作成に詳しい技術などはあまりいないですよね。

売上に責任を持ち、会社の顔として代表取締役の代理で契約の交渉ができるのも営業だけです。

これはもはや会社のNo.2なんじゃないかと思っています。(No.2ばっかりになりますが。。)

営業は、非常に多様なスキルマルチタスク業務が必要であり、AIにも仕事を奪われづらい職種の一つでもあります。

まとめ

今回は営業とはどんな仕事をしているかについて、ご紹介させていただきました。

もちろん会社によって、人によって違うとは思いますが、

営業以外の部署の方々の「営業って何やってるの?」という疑問の参考になれたら嬉しいです。

以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました