【転職とiDeCo】企業型確定拠出年金が移行できる?

確定拠出年金 ▶お金の悩み

私は、以前働いていた会社で企業型確定拠出年金(DC)に加入していました。

転職先ではその制度がなかったため、そのまま5年以上放置していましたが、最近個人型確定拠出年金(iDeCo)を検討していると、企業型から個人型へ移行できるとの情報を得ました。

あの時の60万円が返ってくる??

非常に重要なお知らせがありますので、企業型DCに加入中3年未満に転職を予定している方はぜひ参考にご覧ください。

結論:3年以上働いていれば移行できる可能性あり

確定拠出年金について

企業型DC

企業型確定拠出年金(企業型DC)とは、従業員はお金を出さずに、企業がお金を出して積立ててくれる年金制度です。

この制度のポイントは、「掛金は企業が負担してくれるが、運用の結果はあくまで従業員の自己責任である」ということです。

運用成績(投資信託のようなもの)によって退職後に受け取る額は変わります。

将来の老後資金を増やせるかどうかは、従業員の方の「運用手腕」にかかっているということです。

ただし、年金制度のため、積み立てた年金資産は原則60歳まで引き出すことはできません

まあでも掛け金無しで運用できるなら、めっちゃ得ですね。

個人型(iDeCo)

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは、上記に対して自分で作る年金制度のことです。


加入者が毎月一定の金額を積み立て、あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

こちらについても、年金制度のため、積み立てた年金資産は原則60歳まで引き出すことはできません

移行できるか?

年金資産の移行

企業が拠出してくれた年金試算を、個人型に移して運用出来たら嬉しいですよね?

私の場合は約3年間企業型DCに加入していたため、60万円ほどの年金資産がありました。

それを元手にiDeCOを始めようとしたのです!

しかし結論として、私は移行できませんでした

なぜなら、就労期間が2年11か月間で、1か月足りなかったのです。。後1か月退職が遅かったら。。 60万円がパーになりました

基本的に3年間縛りが多いようですが、企業によって異なりますので必ず確認してください。

期間の移行

しかし、完全に無意味だったわけではなく、期間の移行はできました。

iDeCoは60歳まで引き出せませんが、もう一つルールがあります。

それは、10年間の運用が必要ということです。

例えばiDeCoに55歳で加入した場合は、60歳では引き出せずに、65歳から引き出せるようになります。

年金資産はなくなってしまいましたが、2年11か月間運用していた履歴は引き継げるため、あと7年1か月間運用すれば60歳には引き出せるようになりました。

うん。まあ、何も無いよりは良いですよね

まとめ

今回は、私の失敗から企業型DCの移行について、ご紹介させていただきました。

企業型DCに加入中でもう少しで3年という方は、有給消化なども上手く活用し、転職を少しだけ伸ばしてみるのも手かもしれません。

転職を予定している方の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました