【シュナウザーの室温・湿度】寒さには強い?弱い?

犬の適温 「おうち遊び」の準備

犬にとって適切な、家の中での「温度・湿度」って知っていますか?

犬と言っても種類は様々で、「イタリアングレーハウンド」のような毛が少ない犬もいれば、

「シベリアンハスキー」のようなフサフサな犬もいます。

イタリアングレーハウンド
イタリアングレーハウンド
シベリアンハスキー

人でも北海道出身の人と、沖縄出身の人では、暑がりか寒がりかって結構違いますよね?

そんな中でも、「ミニチュア・シュナウザー」の適温はどうでしょうか?

我が家も「ミニチュア・シュナウザー」を飼っており、いろいろ調べてたり、一緒に過ごしていく上でいくつか分かったことがあります。

そこで今回は、飼い主でもある我が家がおすすめする「ミニチュア・シュナウザー」の適切な室内温度・湿度のご紹介をさせていただきます。

愛犬は「暑い」「寒い」が言えないので、飼い主側が気を付けてあげましょう!

こんな方におすすめの記事です!
  • 犬が大好き(特にミニチュア・シュナウザー)
  • ミニチュア・シュナウザーを飼っている
  • 犬の種類が多過ぎてよくわからない
  • 実際に飼っている人の意見が聞きたい

結論:適温は「温度22度・湿度50%」

シュナウザーの適温(温度・湿度)は?

犬の室内適温は一般的に室温15~25度・湿度40~60%がベストと言われています。

我が家のミニチュア・シュナウザー「アル」の場合は、 室温18度・湿度50%程度がベストのようです。

しかしこれだと、夏でも冬でも人にとっては少し寒いため、一緒に暮らす上でお互いが負担にならない範囲で設定しています。

両者の間を取って我が家は 室温22度・湿度50% の設定を心がけています。

シュナウザーの中でも個人差はありますので、様子を見ながら自分の愛犬の適温も把握しておきましょう。

シュナウザーはドイツ生まれでもあり、どちらかというと暑がりさんですね。

寒い時はわかりにくいのですが、25度を超えてくると、舌を出してはぁはぁ暑そうにしています。

シュナウザーは暑がり?

シュナウザーは「ダブルコート」と言われる2重構造の被毛です。

ダブルコートの特徴

・紫外線や外部刺激をカバーする硬めのオーバーコート
・保温や体温調整をする柔らかめのアンダーコート
の2つの被毛をもっています。

この被毛の二重構造により体温が保たれ、冬でも暖かくすごせます。

ミニチュア・シュナウザーのオーバーコートは見た目ふわっとしたイメージですが、触れると硬めのワイヤーのような毛質です。

また、ミニチュアシュナウザーは「ダブルコート」の中でも特殊で、換毛期がありません。

ダブルコートのもうひとつの特徴に、暑さや寒さに備えた夏毛と冬毛への生え変わりがあります。
この時期はダブルコートの犬たちの飼い主は、多くの抜け毛に悩まされます。

しかし、ミニチュア・シュナウザーは、ダブルコートにもかかわらず換毛がほぼ無いという珍しい犬種です。
生え変わりはありませんが、オーバーコートは伸び続けるため定期的なトリミングが必要となります。

もう少し「シュナウザーの特徴」が知りたいという方は、別途詳細にまとめておりますので、下記も併せてご覧ください。

暑がりだけど暖かいところが好き?

寒さに強いと言われている「ミニチュア・シュナウザー」ですが、飼い主さんのお布団が大好きという子も多いようですね。こたつにもぐったり、毛布にくるまったりと、幸せそうにぬくぬくする姿はかわいいものです。

人間もそうですが、寒さに強いからといってずっと寒い場所にいたいというわけではありません。

ミニチュア・シュナウザーは寒いところで元気に遊ぶのも、ぬくぬくした場所でゆっくりくつろぐのも、どちらも大好きなのです!

ヒーターやストーブ、コタツなどの暖房器具を好きな子も多いです。
飼い主さんが気をつけてあげて、火傷や温まりすぎにならないようにしてあげましょう。

我が家の愛犬(シュナウザー)も「暑がり」なのに暖かいところが好きで、日向たぼっこもよくしています。

暑くなりすぎないように気温管理は徹底しましょう!

参考動画:シュナウザー「アル」のYouTubeチャンネル
参考動画:シュナウザー「アル」のYouTubeチャンネル

適温じゃないとどうなる?

シュナウザーにとっての適温はわかりましたが、逆に適温じゃないとどうなるのでしょうか?

ここでは、適温ではない場合にどんな「良くないこと」が起きてしまうのか、まとめさせていただきます。

体調を崩す可能性がある

夏場の高温多湿が続くと皮膚の状態が悪化したり、熱中症のリスクが高まります。

また、冬場の低温や乾燥の場合も同様に、皮膚の状態が悪化したり、呼吸器、循環器などの機能低下に注意が必要です。

また飲水量が少なくなったり活動量が減ったりすることで、膀胱炎になることもあります。

暑すぎても寒すぎても犬にはストレスがかかります。

ストレスを感じると様々な症状がでてしまいますので、犬にとってのベストな室温・湿度を保つように心がけましょう。

特にミニチュア・シュナウザーは膀胱炎や皮膚のトラブルに注意が必要な犬種なので、十分に気を付けてあげましょう

いたずらをする

快適な温度・湿度ではないとストレスが溜まり、イライラして問題行動(いたずら)が増えてきます。

どんないたずらをするのか」「何故いたずらをするのか」などに関しては別途詳細をご紹介しておりますので、下記も併せてご覧ください。

温度・湿度を保つためには ?

シュナウザーにとっての適温はわかりましたが、常に室内の温度と湿度を一定に保つことは意外と難しいものです。

ここでは、室内を適温に保つためにどんな工夫が必要か、まとめさせていただきます。

空調の利用

暖房を利用する場合は、エアコンや暖房器具の温風が直接あたらないように気をつけてあげましょう。

電気カーペットやカイロなどは低温やけどになることがありますので、長時間、直接皮膚にふれないようにしてください。

また暖房する際は空気が乾燥しますので、加湿器を使って湿度を最適に保つことを忘れずに。加湿器がない時は、室内にぬれたバスタオルを干しておくことでも代用できます。

おすすめヒーター」を知りたい方は下記をクリック!

年間通して空調を機能させることがベストですが、今度は電気代が心配になってきますよね。

我が家は「新電力事業者」に切り替えて電気代を節約していますので、下記も併せてご覧ください。

電気を切り替えて(安くして)気兼ねなく、空調を利用しましょう!

温度計・湿度計の利用

一目でわかる温度計、湿度計を配置して常に「温度・湿度」をコントロールしましょう。

下記をクリックして購入画面に進めます!

ペットカメラの利用

温度計付きのペットカメラで外出中も安心です!

下記をクリックして購入画面に進めます!

我が家は「ペットカメラ」を利用して安心して外出できるようになりましたので、その様子もあわせてご覧ください。

愛犬の状態と、温度が分かるので非常に便利です!

停電時の対応や、飼い主側の身に何かあって家に帰れない時などの対策も考えておきましょう!

温度管理する上でのコツは?

温度管理にあたっては、エアコンを使用している方も多いと思います。しかし、エアコンの設定温度と実際の室温は異なることがよくあります。このような場合は温度を均一にすることで、寒すぎ・暑すぎに気が付きやすくなります。そこで、お部屋の温度を均一にするためのポイントをお伝えします。

夏の場合

①エアコンの冷気が足元に溜まりやすくなります。エアコンをつけていても扇風機やサーキュレーターをつけて、お部屋の空気を循環させましょう。
②エアコンが効きすぎで涼しくなりすぎたと感じたら、窓を開けて換気をしましょう。お部屋の対角にある窓や扉を開けると、より空気の通りがよくなり、効果的です。

冬の場合

①暖房をつけていても暖かい空気は上に、冷たい空気は足元に溜まりつづけてしまうことも。床にホットカーペットや毛布、多めにタオルなどを敷くことで、ワンちゃんの体温が下がりすぎるのを防ぐことができます。
②シーリングファンをつけると、暖かい空気がお部屋に行きわたりやすくなり、お部屋の温度を均一に近づけることができます。


夏も冬も、「空気をかき混ぜる」ことがポイントです!

お部屋の温度を均一に保ち、温度変化に気づける環境を目指しましょう。

私たち人間と犬が快適に過ごせる温度は、必ずしも同じとは限りません。人も犬もお互いが快適に過ごせるように、犬が寒そうにしている場合はお洋服を着せてあげたり、毛布やタオルを敷いてあげたりすると暖かく過ごせるかと思います。逆に、暑そうにしている場合は市販のひんやりグッズを購入したり、扇風機やサーキュレーターを犬の過ごしている方向に向けてあげたりするといいかもしれません。

暖房器具の注意点は?

温度を保つために暖房を利用する場合は、いくつか注意点があります。

シュナウザーならではの注意点も踏まえて、まとめさせていただきます。

子犬や若犬の火傷対策

ストーブやヒーターなどの暖房器具で火傷をしないように、かならずサークルなどで囲って使用してください。

ミニチュア・シュナウザーは知能が高く運動神経のよい犬種です。
ジャンプ力はそれほどありませんが、狭いところにうまく入ったり、隙間を上手につかってものを動かしたりもできます。

とくに子犬はなんにでも興味津々です。
電気コードは齧れないようにガードしてください。

最初に触ってはいけないものへのしつけはもちろん、事故がおきないための対策も必要です。
留守中はヒーターやストーブを使用せず、使う時は必ず飼い主さんが近くで見守ってあげましょう!

シニア犬の火傷対策

シニア犬の場合は低温やけどに気をつけてください。

犬は心地よい場所に体をつけたまま長時間寝てしまうことがあります。

若い時は熱くなったら自分で体温を調節するために冷たい床に移動します。
しかし眠っている時間が長くなっているシニア犬は、気がつかないうちに低温火傷になってしまうこともあります。

シニア犬は若い頃に比べて被毛が薄くなったり、皮膚自体がデリケートになっています。
とくにお腹や太ももなど被毛の薄い部分に注意してあげましょう。

子犬やシニア犬でも安心な「おすすめヒーター」を知りたい方は下記をクリック!

まとめ

今回は、「ミニチュア・シュナウザー」の適切な室内温度・湿度をご紹介させていただきました。

ミニチュア・シュナウザーを飼っている方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

最後に、『犬が大好き』なあなたへ朗報です!

愛犬へおすすめのグッズ

しつけが必要」なのは理解しているけど、いつ、何をしたら良いかわからないという方は、

【こいぬすてっぷ】がおすすめです!

犬種や成長によって、その時に適切な「おやつ、おもちゃ、情報」などが郵送で届くため、安心して愛犬を育てることが出来ます!

「夏は熱中症には気を付けて!」と言われても何をどうしたらよいかわかりませんよね?

そんなときに、必要な情報」と「必要なグッズ」が届いたらとても安心です!

ちょうど良く「注意喚起」や「対策」ができるのも、定期購入だからですね!

はじめてでわからないことばかりの方は獣医師監修の「こいぬすてっぷ」を試してみてはいかがでしょうか?

リンクを張っておきますので、「詳細」や「お値段」は下記にてご確認ください!

👇1歳までの子犬が対象(しつけをサポート)

子犬育ての決定版!獣医師監修【こいぬすてっぷ】

👇全年齢対象(毎日の暮らしをサポート)

愛犬の健康をサポート獣医師監修【WAN Smile BOX】

また、愛犬のための「おすすめ商品記事」ベスト3をご紹介させていただいておりますので、下記を参考にご覧ください

シュナウザー「アル」YouTubeチャンネルも開設しておりますので、あわせてご覧ください!

気になった方は、チャンネル登録もよろしくお願いいたします

登録者数「200人」突破しました!

引き続きよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました