【カエンタケと犬】食べたら死亡?公園の赤い毒キノコの症状

猛毒キノコ発見の張り紙の画像 「おでかけ」の準備

近所の公園に「カエンタケ」という赤くて禍々しい猛毒キノコが発生しました。

怖いので調べてみたら、想像よりもヤバいことが発覚!

どこにでも発生する可能性があるため注意が必要です。

簡単にまとめましたので、参考にご活用ください。

触ったり、舐めるだけでも危険なので、

お子さんや、愛犬も警戒が必要です!

結論】

カエンタケ」を知り、絶対に近づかない

猛毒キノコ「カエンタケ」とは?

地獄の業火を体現したような猛毒キノコ「カエンタケ」の特徴をご紹介させていただきます。

カエンタケの「見た目(外見的特徴)」

参考画像:公園に普通に生える「カエンタケ」
参考画像:公園に普通に生える「カエンタケ」

上の写真は、都内の公園で実際に撮ったものです。

 まさに地面から赤い指が出ているような禍々しさを感じました。

表面はオレンジ色から赤色。

細長い円柱状または棒状で、土から手の指が出ているように群生または単生し、中は白くて硬い。

数センチから20数センチにまで成長します。

岩下の新生姜もっと赤くした感じ?

カエンタケの「発生時期」

夏から秋にかけて発生が多くなります。

ちなみに、上記の写真は9月頃に、都内の公園で見つけ、撮影しました。

カエンタケの「発生場所」

ブナ、コナラなどナラ類の広葉樹林の地上に発生します。

西日本を中心に多く発見されており、東北地方、関東地方、でも発見されています。

※日本以外は、中国、ジャワ島、オーストラリアなどでも発見されているそうです。

ブナ、コナラは日本全国にあるため、どこにでも発生する可能性があります!

カエンタケの「毒性」

「カエンタケ」は最強の猛毒キノコとも言われている非常に毒性の強いキノコです。

ある一例として、3cmほどのカエンタケを天ぷらにして食べてしまった人は、数日間40度以上の高熱が続き、髪も抜け落ちた上、小脳が萎縮して運動障害が出たそうです。


致死量は3グラムと言われており、上記の症状の他、言語障害や手足のしびれ、呼吸困難や皮膚のただれや腎不全なども起こるとされています。

3グラム!?砂糖小さじ一杯で死ぬのか・・・

カエンタケの「症状」

食べてしまった場合

食後30分から、発熱、悪寒、嘔吐、下痢、腹痛、手足のしびれなどの症状を起こします。

2日後に消化器不全、小脳萎縮による運動障害など脳神経障害により死に至ることもあります。

他にも、言語障害・髪が抜け落ちる・全身の皮膚の糜爛・肝不全・腎不全・呼吸器不全・呼吸困難・白血球破壊などが報告されています。

触ってしまった場合

「カエンタケ」は触るだけでもNGです。

毒キノコは食べると危険だが、触るだけなら問題ないという場合が多いのですが、「カエンタケ」は、肌に触れると接触部位の炎症を起こし皮膚がただれ、ぼろぼろになります

カエンタケを見つけてしまったら?

食べない。触らない。これ以外の方法はありません。

「カエンタケ」を発見したら、決して触らず、最寄の保健所に連絡してください。自分だけで処理しようとすると大変危険です。

たとえ摘み取って地中に埋めても、ほとんどはまた生えてきてしまいます。ゴム手袋などをして、ゴミ袋に入れて焼却処理するなど、慎重に対応する必要があるため、プロにお任せしましょう。

万が一、食べてしまった、触ってしまったら、症状が出ていなくても、必ず、すぐに、病院に行きましょう。

【参考情報】過去の「犬と毒キノコ」の事故から学ぶ

毒キノコに要注意! 愛犬を失う事態にも

2019年9月26日 第39号

毒キノコを食べた犬が死亡する事件が相次いで報告されている。

 カナダのノバスコシア州ハリファックスでは愛犬のゴールデンリトリバーを失ったカップルが注意を呼び掛けた。デレク・シュローダーさんはCBCのインタビューに、散歩中に食べた毒キノコのせいで4歳の愛犬を安楽死させなければならなくなったつらい心境を語った。

 愛犬ダグが散歩中に毒キノコを食べたのは18日。その日のうちにけだるそうにしたり、嘔吐したりといった症状が現れたという。20日までには獣医に診察してもらい症状は徐々に改善。えさを食べたり、水を飲んだりと、回復の兆しを見せていたと振り返っている。しかし21日には様態が急変。再び獣医に診察してもらったところ肝不全を起こし、内出血を起こしていたという。そこで苦渋の決断で安楽死させることを決めたと語っている。

 獣医は毒キノコが原因とは断定をしなかったものの、シュローダーさんはやはり毒キノコを食べたせいだろうと語っている。

 またブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア市では、やはり毒キノコを食べたことが原因とされる16週間の子犬が死亡する事件が起こっている。ビクトリアの動物愛護団体が事象を説明している。子犬の飼い主が病院での治療費を支払うことができないということで、動物愛護団体が費用を負担して獣医がケアをしたが死亡したという。

 2匹の犬が死亡するという原因となった毒キノコは「デス・キャップ」として知られるタマゴテングダケで、9月から10月かけて木の周りに生えているという。毒性が強く世界の毒キノコによる死亡事故の90パーセントは、このタマゴテングダケによるものとの資料もある。症状としては腹痛、嘔吐、下痢、筋肉障害、めまい、肝不全、腎不全などが挙げられている。

 動物だけではなく、2016年にはビクトリアで3歳の子供が食べて死亡したという事故も起きている。

 タマゴテングダケはBC州バンクーバー島、バンクーバー、フレーザーバレーでもよく見られるため、安全かどうかわからないキノコは口にしないよう呼びかけられている。

飼い主の責任として、

普段から拾い食いをしないような「しつけ」

心がけをするしかありませんね。

犬は「毒がなくても」生キノコはNG

人間が食べるときと同様、犬もキノコを「生」で与えてはダメです。

毒の無い食用キノコであれば、しっかり火を通して与えることはできますが、道に生えているような生キノコはすべてNGと思った方が無難です。

特に散歩先の公園や庭、芝生などに生えている野生のきのこは、中毒物質を含む毒キノコもあるので、愛犬が興味を持っても食べさせないようにしましょう。

生で食べられるのは、

生食用に販売されているマッシュルームだけ

らしいです。

まとめ

今回は最強の猛毒キノコ「カエンタケ」について、ご紹介させていただきました。

大人は知識をつけて、気を付ければ良いですが、お子さんや愛犬が誤って触ってしまう可能性もありますので、十分注意してください。

一般的な公園にも発生する可能性はありますので、皆様の参考になれば嬉しいです。

最後に、愛犬の「しつけ」が心配な方へ

「しつけが重要」なのは、わかっている。

しかし、「どんなタイミング」で、「何をしたら良いか」わからない!

そんな方は、『こいぬすてっぷ』がおすすめです!

『こいぬすてっぷ』とは、子犬向けのしつけサポートサービスです。

「犬の種類」や「年齢(月齢)」によって適切なグッズが定期便で家に届くため、安心して愛犬を育てることが出来ます!

『こいぬすてっぷ』で届くもの
  • おやつ・・・獣医師厳選の無添加品!
  • 日用品・・・あると嬉しい獣医師厳選の様々なケア用品!
  • 知育おもちゃ・・・成長にあわせた厳選品!
  • しつけ本・・・画像付きでわかりやすい!

たとえば、

「家でトイレしてくれない!」

「どうやって散歩すればいいの?」

なぜかずっと吠えている?」

なんて時でも大丈夫!

ちょうど良いタイミングで、「必要な情報」と「必要なグッズ」が届くので安心してしつけのトレーニングをすることが出来ます!

適切なタイミングで「注意喚起」や「対策」ができるのも、定期配送だからですね!

「はじめて」でわからないことばかりの方は、

獣医師監修のしつけサポート『こいぬすてっぷ』を試してみてはいかがでしょうか?

参考にリンクを添付しておきますので、「詳しい内容」や「お値段」は下記にてご確認ください!

👇1歳までの子犬(しつけをサポート)

初めて犬を飼う方お勧め獣医監修【こいぬすてっぷ】

👇全年齢対象(毎日の暮らしをサポート)

人気のこいぬすてっぷから成犬向けのサービス開始

今なら初回半額(50%OFFですので、気軽にお試しください!

3,300円⇒1,650円!?

また、愛犬のための「おすすめ商品記事」ベスト3をご紹介させていただいておりますので、下記を参考にご覧ください

シュナウザー「アル」YouTubeチャンネルも開設しておりますので、あわせてご覧ください!

気になった方は、チャンネル登録もよろしくお願いいたします

登録者数「370人」突破しました!

引き続きよろしくお願いいたします!

シュナウザー「アル」のYouTubeチャンネル
我が家のミニチュア・シュナウザー「アル」ちゃんの日常動画を配信します。 ▶動物が好き ▶特にミニチュア・シュナウザーが大好き ▶ミニチュア・シュナウザーを飼う参考にしたい という方はぜひご覧ください! 別途ブログも運営しておりますので、 下記もあわせてぜひご覧ください! ◆シュナウザーと暮らす30代サラリーマン...

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました