【犬と雨の日】散歩を嫌がるシュナウザーのトイレ対処方法

カッパを着たアルちゃんの画像 「散歩」の準備

雨が続き、愛犬のおしっこやうんちができなくて困っていませんか?

「家の中でしてくれない」

「我慢させるのも膀胱炎などの病気が心配

とはいえ、雨の中出るのも風邪などひかないか心配

いろんな心配があるのではないでしょうか。

我が家も「ミニチュア・シュナウザー」を飼っており、雨嫌いで外に出たがらずにいつも困っています。

そんな中、我が家ではいくつか対処方法(ルール)を設定してありますので、今回はそちらをご紹介させていただきます。

こんな方におすすめの記事です!
  • 愛犬の雨の日の散歩で困っている
  • 自分の愛犬との違いを比較したい
  • 一般論ではなく、実際に飼っている人の具体的な意見が聞きたい

結論:愛犬の特徴を踏まえたルールを設定する

そもそも雨の日に散歩は行くべきか?

犬には、小型犬から大型犬までさまざまな犬種があります。

チワワやトイ・プードルといった体の小さな犬やミニチュア・ダックスフンド、ウェルシュ・コーギーといった足の短い犬種は、地面からの距離がより近いので、雨の日は道路の水や跳ねた泥がお腹について、体が汚れやすくなります。

また、雨の中のお散歩で体が冷えて風邪をひいてしまう、体調を崩すといったリスクも考えられます。

こういったことから、愛犬の健康状態を考えて、雷雨やどしゃぶりの大雨といった悪天候の中で無理をしてお散歩に行かなくてもよい場合もあるでしょう。

しかし、トイレを外でする習慣のある犬」や「外飼いの犬」の場合は、荒れた天気の中でも排泄のためにお散歩をさせてあげる必要があります

他にも、梅雨になると毎日雨が降り続き、連日、家の中で過ごす時間が多くなりがちですが、運動する時間が少なくなると犬のストレスがたまってしまいます。

犬はストレスがかかると無駄吠えをしたり、室内でいたずらをする、誤飲・誤食を起こす、家の中で急に走り出すといった行動をしたり、体調不良を起こすこともあります。家の中でトイレができる犬の場合も、ストレス発散のために無理をさせない範囲で、できれば毎日お散歩に行ったほうがよいでしょう。

特に大型犬や運動量の豊富な犬種は、運動不足解消のために、雨の中でもできるだけお散歩に行くことをおすすめします。

どうしてもお散歩に行けない場合は、そのぶん、家の中でいつもより多く一緒に遊んだり、ふれあうなど、積極的にコミュニケーションをとることを心がけましょう。

対処方法の前提条件(我が家の愛犬の特徴)

それぞれの愛犬の性格によって対処方法は異なると思いますので、今回はあくまで我が家の場合のお話をさせていただきます。その前提として、下記のような特徴をベースにさせていただきます。

  • 成犬のミニチュア・シュナウザーのメス
  • 通常散歩は一日2回(おしっこもうんちもその時にする)
  • おしっこは家の中(トイレ)でも外(散歩中)でもする。
  • うんちは通常外(散歩中)にするが、耐えられなかったら家(トイレ)でもする。
  • 雨が嫌い(小雨は大丈夫だが、人が傘をさすくらいの場合は嫌がる)
  • カッパが嫌い(着てはくれるが、動きづらいのか動作が非常に鈍くなる)
  • 芝生(公園)が大好き
雨の日の散歩を拒否するアルちゃん画像
雨を嫌がる愛犬「アル」

「今日は雨降ってるんでしょ?行きたくないよ~」

比較のためもう少し詳しい前提条件が知りたい方は、下記にて愛犬の紹介もしておりますので、参考にご覧ください。

雨の日でもトイレを済ませる対処方法

雨で外に出たがらない愛犬のために、我が家で実践している対処方法をご紹介いたします。

「小雨の場合」の対処法

そのままカッパ無しで散歩に行きます。

帰って来たらしっかり拭いてあげます

「大雨の場合」の対処法

小雨を待つ

まずは小雨を待ちます。運よく小雨になったら前述の通り散歩します。

1日中小雨にならない時

丸一日(散歩2回分)待って家でうんちすることを期待します。

家でもうんちしない時

それでもうんちもしない、雨も止まない場合は、濡れる覚悟でカッパ無し近所をササっと一周します。ここで短時間でうんちしてくれたらラッキーです。

帰って来たらしっかり乾かしてあげましょう

それでもうんちしない時(最終手段)

それでもうんちをしない場合もあります。その場合は、最終手段カッパを着せて本格的な散歩に出かけます。

しかし、前述した特徴により、カッパを着せると全然歩いてくれません。色々試しているうちに、近所の道だと全然歩かないものの、芝生(公園)だと歩くということに気づきました。

そのため、最終手段としては、私も愛犬もカッパを着て、近所の公園まで抱っこして行って、芝生で散歩しています。

ここまでしてうんちをしなかったことは今のところありません

動きやすいカッパの用意

カッパが好きではない愛犬でも、動きやすいカッパであれば素直に着てくれます。

愛犬のサイズに合った動きやすいカッパを選んであげることも一つの選択肢となります。

別途、愛犬用の洋服などのグッズを取り揃えているサイトやお店をまとめておりますので、あわせて参考にご覧ください。

雨の日の散歩の注意点

他の犬種も同様ですが、特にミニチュア・シュナウザーの場合は、皮膚のトラブルが多く、何回も濡れることは避けるべきです。

雨の日に散歩をする場合には、どんな注意が必要なのかをまとめさせていただきます。

濡れてしまう

雨の日は、愛犬にレインコートやレインブーツを着用させていても、犬の体が濡れてしまうことがあります。この対策としては、オーバーオールタイプなど少しでも体が出る面積の少ないタイプのレインコートを選ぶことや、愛犬の体にフィットしたサイズの雨グッズを選ぶと、体が濡れる範囲も最小限で済むでしょう。

体が濡れることで起こるデメリットの1つに、愛犬の体調不良があります。雨が原因で健康な犬が風邪をひくことはめったにありませんが、体温が下がったりする場合もあるので、タオルで濡れた毛の水気をしっかり拭き、必要であればドライヤーで乾かしてブラッシングで整えるとよいでしょう。

参考動画:シュナウザー「アル」のYouTubeチャンネル

また、上記の理由から、我が家ではシャンプーを含め、びしょ濡れになるのは多くても週一回程度にしています。

別途、「皮膚に優しいシュナウザー向けシャンプー」のご紹介もしておりますので、参考にご覧ください

肉球が痛みやすくなる

雨の中を歩くことで、肉球がふやけて痛みやすくなるため、足裏を切るなどケガをする可能性もあります。雨の日のお散歩中に肉球を痛めやすい犬は、ケガをしそうなところは歩かせないようにすることを心がけましょう。犬用の靴やレインブーツを着用させるとケガの予防にもなります。

また、お散歩から帰宅したら、体だけでなく足裏もしっかり拭いて乾かすことも忘れないようにしてください。足裏はよく乾かさないと指の間が炎症を起こす指間炎を起こしやすくなります。タオルで水分を拭き取れない場合は、ドライヤーを使って指の間の毛をよく乾かしましょう。

肉球周りの毛を定期的にカットしておくと水が残りにくいので、こまめにお手入れすることをおすすめします。

子供や高齢者が散歩に連れていくときは事故に注意

雨の日は、玄関やマンホール、階段、側溝の網など、滑りやすい場所が多いので、飼い主さんが転倒しないように注意してください。雨の日のお散歩時には、傘やレインスーツで視界が狭くなるだけでなく、周囲の音も聞き取りにくくなるので、周りをしっかり見ながら見通しのよい道路を選び、リードをしっかり持って歩きましょう。

お子さんや高齢の方が犬のお散歩に行く場合は、人間がケガをする恐れがあるだけでなく、転倒してしまったり、リードが手から離れてしまうと、犬がびっくりして逃げてしまったり、トラブルに巻き込まれたり、交通事故にもつながる危険があります。必ず犬をコントロールできる付き添いの大人と一緒に行くようにしましょう。

特に、ひっぱり癖があったり、他の犬への興味が強いなどコントロールが難しい犬の場合は、引きずられやすくなるので注意が必要です。

「濡れない場所」に出かけることも必要

「時間」がある場合は、下記のような屋内施設を活用するのもひとつの手です。

  • ペットショップ
  • トリミング
  • 動物病院
  • ペット可のショッピングモール
  • 屋内ドッグラン
  • 屋根のある公園
  • 高架下

雨にあたらずに歩ける場所を数か所見つけておくと、雨の日続きでも愛犬が濡れずに運動できるのでおすすめです。

梅雨入り後、ジメジメとした雨の日のお散歩は、飼い主さんも少し憂鬱な気分になって行きたくないかもしれませんが、基本的には犬が嫌がらないのであれば、できるだけお散歩をさせてあげましょう。

ただし、悪天候の場合や犬が嫌がる場合は無理に行く必要はありません。

雨の日は便利な犬用グッズを使えば、帰宅後のケアもラクになりますよ!

まとめ

我が家では【うんちは丸二日以内に一回はさせる】【びしょ濡れは多くても週一回まで】をルールとしています。

愛犬の習性(特徴)を見つけることで雨の中でも散歩をしてくれるようになるはずです。

長雨続きの中、少しでも、愛犬のおしっこやうんちができなくて困っている方の参考になれば嬉しいです。

また、雨の日で散歩ができない場合は、我慢できずに家の中でおしっこをしてしまうケースもあると思います。

そんな場合の対処法も下記にてご紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

加えて、愛犬と散歩をする上で、我が家が利用しているおすすめ散歩グッズご紹介をさせていただきます。

こちらについても、あわせてご覧ください。

最後に、『犬が大好き』なあなたへ朗報です!

愛犬の写真を「1枚以上用意するだけ」で、フィギュアにできるサービスがあるって知っていますか?

「ベストショットが撮れたので、形に残したい!」

「昔飼っていた愛犬との思い出を蘇らせたい!」

「プレゼントとして贈りたい!」

「もふもふのおしりを3Dで愛でたい!」

フィギュア作成が気になった方:お値段はコチラ▶

また、愛犬のための「おすすめ商品記事」ベスト3をご紹介させていただいておりますので、下記を参考にご覧ください

シュナウザー「アル」YouTubeチャンネルも開設しておりますので、あわせてご覧ください!

気になった方は、チャンネル登録もよろしくお願いいたします

登録者数「160人」突破しました!

引き続きよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました