PR

【ミニチュアシュナウザーの寿命】ギネスは?年齢表と長生きの方法:2024

❶最初に知りたいこと
記事内に広告が含まれています。

愛犬の「寿命はどの程度か?」気になりませんか?

この先どのくらい一緒にいられるのか、そして生活はどのように変化していくのかも気になるところです。

我が家もミニチュア・シュナウザー(メス)を飼っており、ずっと甘えん坊で困っていますが、愛犬の平均寿命や落ち着くタイミングを知っていれば、今後の対策の役にも立つと考えております。

そこで今回は、ミニチュア・シュナウザーの「平均寿命」や「長生きの秘訣」について、まとめさせていただきます。

こんな方におすすめの記事です!
  • 犬の(かわいい画像)を見て癒されたい
  • 犬を飼う上で具体的なイメージを付けたい
  • 自分の愛犬と性格の違いを比較したい
  • 一般論ではなく、実際に飼っている人の具体的な意見が聞きたい

結論】

ミニチュアシュナウザーの平均寿命

12~15歳

※愛犬の「しつけ」に不安がある方は、『こいぬすてっぷ』という子犬向け「しつけ」サポートもありますので、ご安心ください!

実は、飼い主の 86% 「しつけ」に悩みを抱えています

悩むのは当然です!

しかし、ほとんどの人がそのままにしがち…

すこしでも、気になった方には

こいぬすてっぷおすすめ!

『こいぬすてっぷ』の特徴
  • 痒いところに手が届くサービス犬が1歳になるまでの12か月間(12回)に、しつけのための様々なプログラムが自宅に届くサービス。犬種・成長度合いによってカスタマイズされた商品が届く。
  • 初心者でも安心初めて子犬を迎えた方、これから迎える予定の方、久しぶりに子犬を育てる方など
  • 注文しやすい・退会しやすい定期コースとお試しコースから選べる
  • 成犬になっても大丈夫『こいぬすてっぷ』は1歳のお誕生日で卒業し、全年齢対象の『WAN smile BOX』へ継続可能

参考にリンクを添付しておきますので、「詳しい内容」や「お値段」は下記にてご確認ください!

\ 子犬だけじゃない!成犬向けもあるよ! /

今なら初回半額(50%OFFですので、気軽にお試しください!

3,300円⇒1,650円!?

※「こいぬすてっぷ」の口コミ・レビューが知りたい方はこちら!

  1. ミニチュア・シュナウザーの「寿命」は?
  2. ミニチュア・シュナウザーの寿命の「ギネス記録」は?
  3. 【年齢表】ミニチュア・シュナウザーを「人間の年齢」に換算すると?
  4. ミニチュア・シュナウザーの「落ち着く年齢」は?
    1. ミニチュア・シュナウザーの「落ち着き」
    2. 「落ち着き」には個体差がある
    3. ミニチュア・シュナウザーの「成長の特徴」
      1. 子犬期(〜10ヶ月ごろ)
      2. 青年期(10か月〜6歳ごろ)
      3. 中年期(6歳~11歳ごろ)
      4. シニア期(11歳以上)
    4. いつもより「落ち着きがない」原因
      1. 不安やストレス
      2. 興奮している
      3. 怪我をしている
      4. 病気
    5. こんな行動をしていたら注意!
      1. いつまでも同じ場所をグルグル回る
      2. 自分の体をしつこく舐める
      3. 人や他の犬に激しく飛びつく
      4. お尻を床にこすりつける
      5. 頻繁に地面を掘るしぐさをする
      6. 家具などを噛み続ける
      7. 狭いところに入り込んだまま出てこない
      8. 夜鳴きがひどい
  5. ミニチュア・シュナウザーの「老化」のサインは?
    1. 睡眠時間が増えた
    2. 壁にぶつかる
    3. 階段の上り下りに苦労する
    4. 毛つやが悪い(被毛の色が薄くなる)
    5. おしっこの回数が変化した
  6. 「老化」のサインが見られた時の飼い主の対処法は?
  7. ミニチュア・シュナウザーの「長生き」の方法は?
    1. 子犬の頃から定期的に健康診断を行う
    2. ストレスケアを行う
    3. 被毛を健康に保つ
    4. 運動(散歩)を行う
    5. 適切な体重管理
    6. ケガを防ぐために生活環境を整える
    7. 口内環境のケア
  8. ミニチュア・シュナウザーが「かかりやすい病気」は?
    1. 白内障
    2. 尿路結石
    3. 外耳炎
    4. シュナウザー面皰(めんぽう)症候群
    5. 糖尿病
    6. 乾燥性角結膜炎
    7. 胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)
    8. アレルギー性皮膚炎
  9. 最後に、愛犬の「しつけ」に不安がある方へ

ミニチュア・シュナウザーの「寿命」は?

参考画像:うちのお利口さん
参考画像:うちのお利口さん

ミニチュア・シュナウザーの平均寿命は、オス・メスともに12~15歳で、他の犬種と比べても小型犬として平均的な寿命といえます。

個体によっても寿命は変わってきますし、飼育環境やその他の要因によっても変わってきます。

「寿命」以外のミニチュア・シュナウザーの特徴が知りたい方は下記もご覧ください!

ミニチュア・シュナウザーの寿命の「ギネス記録」は?

ギネスに記載のある犬種を問わない最高齢のワンちゃんは、オーストラリアのビクトリア州で暮らしていたオーストラリアンキャトルドッグの「ブルーイちゃん」だそうです。

その年齢は、なんと29歳5ヶ月!

1910年に家族として迎えられ、1931年11月14日に安楽死を遂げるまで、約20年もの間、牧牛犬として働き続けました。この公式記録は現在も塗り替えられていません。

現在確認されている最高齢の「ミニチュアシュナウザー」の年齢は18歳といわれています。

また、17歳のミニチュア・シュナウザーの記録もいくつか見られました。

しかし、ミニチュア・シュナウザーの長寿や最高年齢に関する記録は他の犬種に比べあまりありませんでした。

もしかしたら、もっと長寿のミニチュア・シュナウザーがいる可能性もあるかもしれません。

この記事をお読みになっている方の中にも、18歳以上のミニチュア・シュナウザーを知っている、飼っている、という方がいるかもしれません。

日本動物愛護協会では、18歳以上の小型犬を表彰してくれるそうなので、もし18歳を過ぎたミニチュア・シュナウザーを飼育している方は、申し込んでみてはいかがでしょうか?

最高齢めざしてがんばるぞ!

【年齢表】ミニチュア・シュナウザーを「人間の年齢」に換算すると?

ミニチュア・シュナウザーを人間の年齢に換算するとどのくらいのなのでしょうか?以下の表にてまとめさせていただきます。

ミニチュア・シュナウザーの月齢人間でいうと?成長レベル
3か月4歳子犬
6ヶ月7歳半子犬
9か月11歳子犬
1歳15歳子犬
1歳半19歳半子犬
2歳23歳成犬
3歳28歳成犬
4歳32歳成犬
5歳36歳成犬
6歳40歳シニア犬
7歳44歳シニア犬
8歳48歳シニア犬
9歳52歳シニア犬
10歳56歳シニア犬
11歳60歳シニア犬
12歳64歳シニア犬
13歳68歳シニア犬
14歳72歳高齢犬
15歳76歳高齢犬
16歳80歳高齢犬
17歳84歳高齢犬
18歳88歳高齢犬
19歳92歳高齢犬
20歳96歳高齢犬

ミニチュア・シュナウザーの「落ち着く年齢」は?

参考画像:ペットボトルを狙う
参考画像:ペットボトルを狙う

ここでは、ミニチュア・シュナウザーの「落ち着く年齢」や「落ち着かせる方法」などをまとめさせていただきます。

ミニチュア・シュナウザーの「落ち着き」

子犬は、一般的に生後12か月から18か月までの間には精神的に成熟して落ち着くようになるといわれますが、実際には2歳頃までは物をクチャクチャ噛んだり噛みちぎったりする子犬っぽい行動を時々見せることがあるようです。

うちの子はもう4歳ですが、落ちついたと言えるのか。。。

もう少し詳しく知りたい方はこちら!

「落ち着き」には個体差がある

犬によっては、子犬のようなやんちゃな状態が数年続くこともあります。

正しい行動を覚えてもらうための定期的なトレーニング、そしてありあまるエネルギーを発散させるための運動は欠かさないようにしましょう。

子犬を育てるということは決して楽しいことだけではなく、その成長過程で数々のハプニングや困難に出くわすことを意味します。多くの新しい飼い主さんは、その都度忍耐力を試されることになるでしょう。

しかし、犬が子犬から成犬へと成長して行くのを見守ることができるというのは、何にも代えがたい幸せな経験ですし、人生でそう何度も経験できることではありません。かけがえのない時期を大切に過ごしましょう。

ミニチュア・シュナウザーの「成長の特徴」

ミニチュア・シュナウザーが成長するとともに、飼い主が注意するべきポイントも違ってきます。

どのような変化があるのか年代別にみていきましょう。

子犬期(〜10ヶ月ごろ)

ミニチュア・シュナウザーの特徴のひとつである半直立耳ですが、生まれたときには垂れ耳で、成長とともに立ち上がるのが一般的です。また、子犬期に社会化をしっかり行えるかどうかが、それ以降の性格形成にも大きく影響してくるので、小さいころから多くの犬や人と触れ合っておくことが重要です。知能が高い犬ですので、この時期にトレーニングやしつけなどを行っておくと身につきやすいでしょう。

青年期(10か月〜6歳ごろ)

体がしっかりとできあがり、運動量も増えてくる時期です。繁殖を行わない場合には、この時期に避妊・去勢を行うとよいでしょう。

中年期(6歳~11歳ごろ)

少しずつ老化現象が見られてくる時期です。毛色がブラックやソルト&ペッパーの場合、毛色が少しずつ薄くなり始めます(退色)。

「退色」について詳細が知りたい方は、下記もあわせてご覧ください。

シニア期(11歳以上)

代謝が落ちやすくなるため、肥満に気をつけてあげましょう。運動能力も落ちてくるので段差の昇降は控え、視力の低下が見られてきたら目の高さにあるものは片づけるなど、目に入って傷つけないようにする工夫が大切になります。

いつもより「落ち着きがない」原因

犬が落ち着きなく、ウロウロしていると飼い主は不安を感じてしまうこともあるでしょう。そこで、なぜ落ち着きがなくなるのか、その原因の可能性を解説していきます。

  • 不安やストレス
  • 興奮している
  • 怪我をしている
  • 病気

不安やストレス

犬も人間と同じように不安やストレスを感じると、それが行動として現れることがあります。ウロウロと落ち着きをなくすのも、そうした行動のひとつと考えられます。不安やストレスの要因はさまざまですが、引っ越しなどによる環境の変化に適応できていない、食事が足りていない、散歩の回数や運動量に満足していない、飼い主とのスキンシップが不足している、などが考えられるでしょう。

興奮している

犬が興奮状態にあるときに、気持ちの高ぶりによってウロウロと歩き回ることがあります。ご飯の時間や散歩に出かける前など、何かを期待したり喜んだりしているときや、チャイムなどの大きな音に驚いて警戒しているときに、犬は興奮しやすくなります。

怪我をしている

犬が怪我をして痛みを感じていると、落ち着かなくなり、傷口をしきりに舐めたり、眠れなくなったりすることもあります。

病気

犬に落ち着きのない行動が見られたとき、一番心配なのは何らかの病気にかかっている可能性です。体調の悪化によってリラックスできなかったり、うまく寝つけなかったりして、そわそわと動き回ってしまうことがあります。また、認知症による徘徊やてんかんの発作が起きる前兆とも考えられます。

年齢」や「性格」が原因ではないかもしれませんね!

少しでも気になる方はこちらをチェックしてみましょう!

こんな行動をしていたら注意!

「落ち着きがない」といっても、様々な行動があります。ここでは、特に注意すべき行動について、まとめさせていただきます。

  • いつまでも同じ場所をグルグル回る
  • 自分の体をしつこく舐める
  • 人や他の犬に激しく飛びつく
  • お尻を床にこすりつける
  • 頻繁に地面を掘るしぐさをする
  • 家具などを噛み続ける
  • 狭いところに入り込んだまま出てこない
  • 夜鳴きがひどい

いつまでも同じ場所をグルグル回る

心配しなければいけないのは、認知症の可能性です。認知症と診断された場合は治療を進めていく必要があります。また、病気ではなく、気持ちが落ち着かずに起こる常同行動(同じ行動を何度も繰り返すこと)とも考えられます。気持ちの面からくる行動の場合は、声をかけてあげたり撫でたりして犬を落ち着かせてあげることが大切です。

自分の体をしつこく舐める

ストレスが原因の場合もあれば、アレルギーや皮膚炎などのかゆみや痛みで体を舐めていることもあります。同じ場所を繰り返し舐めているようであれば、炎症などが起きていないか確認してみましょう。

人や他の犬に激しく飛びつく

威嚇や飼い主さんを守るための行動とも考えられます。一時的なものでなく、人や他の犬に会うたびにそうした行動をとる場合は、しつけ教室などに通って、興奮しないようトレーニングすることも有効です。

お尻を床にこすりつける

肛門腺に分泌物が溜まっていたり、肛門付近に違和感がある場合に見られる行動です。病院で肛門腺の溜まり具合や他の異常がないかを診てもらうとよいでしょう。

頻繁に地面を掘るしぐさをする

ストレスが原因の場合や、喜びの感情から掘るしぐさをする場合もあります。掘るということが犬にとってのご褒美になっている場合もありますので、やめさせるかどうかは見極めが重要です。ストレスが原因であれば、一緒に遊んであげたり、気持ちを落ち着けるようなハーブなどを使ってみるのもおすすめです。

家具などを噛み続ける

ストレスや栄養バランスが崩れていることによる異食の可能性も考えられます。ストレス緩和対策や、食事の見直しを行い、行動が改善されるかを確認してみましょう。

狭いところに入り込んだまま出てこない

認知症による徘徊が考えられます。同じ行動を繰り返すようであれば、狭いところに入らないように対策をしたり、円状のサークルを使って行動範囲を限定してあげるとよいでしょう。

夜鳴きがひどい

夜鳴きも認知症の代表的な症状です。犬の行動が昼夜逆転しているようであれば、日中になるべく起きていてもらえるように犬とコミュニケーションをとったり、適度に運動をさせたりして、生活リズムを調整してみてください。どうしても難しい時は獣医師に相談し、サプリメントや薬を使って体の状態を整えてあげるとよいでしょう。

ミニチュア・シュナウザーの「老化」のサインは?

愛犬に以下のような行動が見られたら、それは老化のサインかもしれません。

  • 睡眠時間が増えた
  • 壁にぶつかる
  • 階段の上り下りに苦労する
  • 毛つやが悪い(被毛の色が薄くなる)
  • おしっこの回数が変化した

睡眠時間が増えた

起きている時間と寝ている時間の比率が変わり、お散歩に行かなくなる、食事量が減るなどの症状も見られてくることがあります。

壁にぶつかる

視力低下により、今までぶつからなかった場所でぶつかったり、つまずいたりすることが増えます。

階段の上り下りに苦労する

関節の可動域が狭くなったり、筋力が低下したりすることで、階段や段差の昇降が難しくなってきます。同じ理由で、散歩を嫌がるケースも見られます。

毛つやが悪い(被毛の色が薄くなる)

肝臓機能の低下が、毛つやや被毛の色の変化として現れることがあります。

おしっこの回数が変化した

排尿回数が少なくなる場合もあれば、多飲多尿の症状が見られる場合もあります。どちらにしても腎臓や膀胱(ぼうこう)などの泌尿器疾患やホルモン系疾患が関連している可能性が考えられます。

「老化」のサインが見られた時の飼い主の対処法は?

足腰の弱りや視力の低下などが見られた場合には、ケガを防ぐために、室内の段差をなくす、目に当たるような位置にある物をどかすといった工夫が必要です。シニア期に入るにつれて、若い時よりも食事内容には気を付け、栄養をしっかりと摂れるようなものにしましょう。消化酵素が不足して消化吸収能力が落ちている場合もあるので、補助的にサプリメントなどを取り入れるのもおすすめです。また、筋力を落とさないよう適度な運動を取り入れることや、知育トイなどを使って、認知症や痴呆など、シニア期に特有の症状のケアをするのも有効です。

ミニチュア・シュナウザーの「長生き」の方法は?

シャンプー中の愛犬
参考画像:しっかりシャンプー

愛犬を長生きさせるために飼い主ができることもあります。

以下のポイントを参考にしてください。

  • 子犬の頃から定期的に健康診断を行う
  • ストレスケアを行う
  • 被毛を健康に保つ
  • 運動(散歩)を行う
  • 適切な体重管理
  • ケガを防ぐために生活環境を整える
  • 口内環境のケア

子犬の頃から定期的に健康診断を行う

病気の早期発見のためにも、年に1回のドッグドックは受けたほうが良いでしょう。

シニア期に入ったら半年に1回程度、健康診断を受けると安心です。

ストレスケアを行う

ストレスを与えないような生活が大事ですが、犬種ごとの明確なストレス要因は一概には特定できません。愛犬が何をストレスと感じるのかを飼い主が気づいて、対処してあげることが必要です。

一般的なストレス発散方法として、適度な運動を取り入れることは有効と考えられます。

「ストレス発散方法」について詳細が知りたい方は、下記もあわせてご覧ください。

被毛を健康に保つ

ミニチュア・シュナウザーは、比較的抜け落ちにくい被毛ではありますが、適度なブラッシングを行うことで、毛玉や皮膚炎のリスク軽減につながります。

「被毛ケア」について詳細が知りたい方は、下記もあわせてご覧ください。

運動(散歩)を行う

適度な運動は体を丈夫にするだけでなく、ストレス軽減にもつながります。1日に2回、40分ほどの散歩を取り入れると良いでしょう。ミニチュア・シュナウザーは作業欲が強い犬種なので、知育トイなどを使った脳トレもおすすめです。

「散歩の基本」について詳細が知りたい方は、下記もあわせてご覧ください。

適切な体重管理

体重の変動を管理することも健康維持の秘訣です。犬の体型を段階的に評価するボディコンディションスコア(BCS)を参考にしながら、日々の食事での摂取カロリーと運動での消費カロリーのバランスを保つようにしましょう。

ケガを防ぐために生活環境を整える

シニア期になるとケガをしやすくなり、ケガが原因となって体調を崩すことも考えられます。室内で段差のない環境づくりをするなど、不安な要素を取り除いておくと安心です。

口内環境のケア

口腔内を清潔に保つことは全身の健康につながります。毎日の歯磨きケアや、口腔内ケアのサプリメントなどを取り入れると良いでしょう。

「口腔ケア」について詳細が知りたい方は、下記もあわせてご覧ください。

ミニチュア・シュナウザーが「かかりやすい病気」は?

ここからは、ミニチュアシュナウザーがかかりやすい病気について解説していきます。

ミニチュアシュナウザーがかかりやすい病気は意外にも多く、日常生活で気をつけるべきポイントもそれぞれあります。

  • 白内障
  • 尿路結石
  • 外耳炎
  • シュナウザー面皰(めんぽう)症候群
  • 糖尿病
  • 乾燥性角結膜炎
  • 胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)
  • アレルギー性皮膚炎

それぞれ詳しくみていきましょう。

白内障

ミニチュアシュナウザーは白内障になりやすい犬種です。

犬の白内障は、糖尿病に続発する場合もありますので注意が必要です。

飼い主さんは、日頃から体重管理により肥満を予防したり、目の状態を確認してあげるようにしましょう。

尿路結石

ミニチュアシュナウザーは、尿路結石ができやすい犬種です。

特にストルバイト結晶を伴った膀胱炎を起こすことが多いので、飼い主さんは、頻尿や血尿がないかどうか、愛犬の排尿時の状態もしっかりと確認してあげるようにしましょう。

外耳炎

垂れ耳であるミニチュアシュナウザーは、外耳炎になることも多いです。

特にアトピーなどのアレルギー体質をもつ犬は、外耳炎にも注意が必要です。

飼い主さんは、愛犬が耳を痒がっていないかどうか確認してみてください。 また、1ヶ月に1回は定期的に耳掃除をしてあげることを習慣としておきましょう。

シュナウザー面皰(めんぽう)症候群

体に無数の面皰と呼ばれるブツブツが現れる病気です。

破裂して感染を起こすと、さらに痒みが出る場合もあります。

完治させることが難しい病気であり、日々のスキンケアで痒みや炎症を素早く止めることが今現在の獣医料でできる治療となっています。

飼い主さんは、日常的に愛犬の皮膚の状態をしっかりと確認するようにしましょう。

糖尿病

ミニチュアシュナウザーは糖尿病になることも多い犬種です。

糖尿病は、犬でも生活習慣の乱れにより起こります。過剰にご飯を食べて、肥満になっている子は注意が必要です。

多飲多尿、多食は、糖尿病のサインでもありますので、飼い主さんは、いつもよりご飯を食べる量が増えていないか、飲水量が増えていないか、頻尿になっていないかどうかみてあげてください。

乾燥性角結膜炎

乾燥性角結膜炎は犬のドライアイです。

ミニチュアシュナウザーはドライアイも好発する犬種です。

ドライアイは自己免疫の異常により起こることもありますので、治療には、免疫抑制の目薬が用いられることもあります。

なかなか治らない場合には、自宅での定期的な点眼が必要になります。

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)

ミニチュアシュナウザーは、高脂血症といって、血液中の脂肪分が多くなる体質を持っている子がいますが、高脂血症は、胆嚢粘液膿腫と呼ばれる胆嚢の病気を引き起こします。

胆嚢は、脂肪を分解する胆汁を出す臓器です。

この胆汁が胆嚢内でドロドロに固まるとうまく排泄できず、胆嚢の中にゼリー状に溜まっていき胆嚢粘液膿腫となります。

進行すると、破裂することもあるので、注意が必要です。

アレルギー性皮膚炎

ミニチュアシュナウザーは、アトピーなどアレルギー性皮膚炎も多い犬種です。

アレルギー性皮膚炎は、細菌感染を起こし細菌性皮膚炎にもなることがあります。

飼い主さんは、動物病院でアレルギーの原因となるものを究明し、生活の中からできるだけ排除してあげるようにしましょう。

もし、難しい場合には、痒み止めの薬がありますので、痒みを感じているときに飲ませてあげるなどの対処をしていきましょう。

最後に、愛犬の「しつけ」に不安がある方へ

「しつけが重要」なのは、わかっている。

しかし、「どんなタイミング」で、「何をしたら良いか」わからない!

そんな方は、『こいぬすてっぷ』がおすすめです!

画像引用先:【公式】こいぬすてっぷ
画像引用先:【公式】こいぬすてっぷ
初めて犬を飼う方お勧め獣医監修【こいぬすてっぷ】

 

『こいぬすてっぷ』とは、子犬向けのしつけサポートサービスです。

「犬の種類」や「年齢」によって適切なタイミングでグッズが家に届くため、安心して愛犬を育てることが出来ます!

『こいぬすてっぷ』の特徴
  • 痒いところに手が届くサービス犬が1歳になるまでの12か月間(12回)に、しつけのための様々なプログラムが自宅に届くサービス。犬種・成長度合いによってカスタマイズされた商品が届く。
  • 初心者でも安心初めて子犬を迎えた方、これから迎える予定の方、久しぶりに子犬を育てる方など
  • 注文しやすい・退会しやすい定期コースとお試しコースから選べる
  • 成犬になっても大丈夫『こいぬすてっぷ』は1歳のお誕生日で卒業し、全年齢対象の『WAN smile BOX』へ継続可能
『こいぬすてっぷ』で届くもの
  • おやつ・・・獣医師厳選の無添加品!
  • 日用品・・・あると嬉しい獣医師厳選の様々なケア用品!
  • 知育おもちゃ・・・成長にあわせた厳選品!
  • しつけ本・・・画像付きでわかりやすい!

たとえば、

「家でトイレしてくれない!」

「どうやって散歩すればいいの?」

なぜかずっと吠えている?」

そんな時でも大丈夫!

ちょうど良いタイミングで、「必要な情報」と「必要なグッズ」が届くので安心して「しつけ」のトレーニングをすることが出来ます!

まさに、「レシピ」と「食材」 がおうちに届く「ミールキット」のような感覚で「しつけ」ができるのです!

適切なタイミングで「注意喚起」や「対策」ができるのも、定期配送だからですね!

こいぬすてっぷに「向いている方」
  • 不安はあるが忙しい:適切なしつけの方法について「不安」や「疑問」を持っているが、忙しくて毎回調べながらはできないため効率化したい
  • しつけはちゃんとしたい:犬の知識や、愛犬について、飼い主として理解し、安心して一緒に暮らしたい
  • 一緒に学びたい:冊子・雑誌(文字や図表を読むこと)等に抵抗がない

自ら「疑問」をもち、問題解決のために検索して

この記事にたどり着いた方には

『こいぬすてっぷ』がおすすめです!

こいぬすてっぷに「向いていない方」
  • 独学でやりたい:こいぬすてっぷは、獣医師監修の「しつけ」サポートであるため、独自の考えで調べて、独自で道具も選定し、独自の適切なタイミングで「しつけ」がしたい(できる)方には、そもそも不要です。
  • プロにまるっと任せたい:しつけに関して、自分が学ぶというよりは、しつけ教室などで直接指導してもらいたい方には、合わないかもしれません。
  • 活字アレルギー:冊子・雑誌(文字や図表を読むこと)等に抵抗があり、動画で学びたい場合や、直接面会して教えて欲しいなどの場合は、合わないかもしれません。

「料理」で例えると、

「自分で出来る派」=「自分で食材を選び、自分でメニューを考え、自分で料理でき、それをする時間がある人」

「こいぬすてっぷ」=「食材とレシピがおうちに届くミールキット」

「プロに任せたい派」=「お料理教室」

のようなイメージですね!

「はじめて」でわからないことばかりの方は、

獣医師監修のしつけサポート『こいぬすてっぷ』を、ぜひ試してみてください!

参考にリンクを添付しておきますので、「詳しい内容」や「お値段」は下記にてご確認ください!

\ 子犬だけじゃない成犬向けもあるよ! /

今なら初回半額(50%OFFですので、気軽にお試しください!

3,300円⇒1,650円!?

※「こいぬすてっぷ」の口コミ・レビューが知りたい方はこちら!

 

その他、愛犬のための「おすすめ商品記事」ベスト3をご紹介しておりますので、下記を参考にご覧ください

シュナウザー「アル」YouTubeチャンネルも開設しておりますので、あわせてご覧ください!

気になった方は、チャンネル登録もよろしくお願いいたします

シュナウザー「アル」のYouTubeチャンネル

登録者数「1,200人」突破しました!

引き続きよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント