【犬とお金】犬を飼うのに最低限必要な費用は?

犬とお金のイメージ画像 ▶犬と暮らす悩み

犬を飼うと決めても、実際にはお金の問題があります。

調べてみても、小型犬から大型犬の平均価格や、一般的な価格しか出てこないため、実際のところいくら必要なのかが知りたいですよね。

それぞれの家庭の事情によりケースは様々ですが、今回は我が家のケース(小型犬1頭、マンション在住)をベースにご紹介させていただきます。

結論:初期費用10万円(ペット購入費別)+月額2万円

最低限のイニシャルコスト(初期費用)

愛犬購入費用:20万円程度

知り合いから譲り受けたり、保護犬だったり、ブリーダーから購入、ペットショップから購入と価格の範囲は0円から数十万円程度まで様々あります。

我が家はペットショップにて購入しました。

最近はコロナ禍(リモート)の影響でペットのニーズが高まっており値段が高騰しています。相場としては20~60万円ほどになっている印象です。

畜犬登録料:3,000円程度

犬を新しい家族として迎えたら、まずはお住まいの市区町村に登録をしましょう。
若干の地域差はありますが、料金は3,000円前後です。登録をすると番号が記載された「鑑札」という、犬の身分証明書のようなものがもらえます。犬は鑑札を身につけておくことで、万が一迷子になってもお家をみつけてもらえます。

混合ワクチン:16,000円程度

狂犬病とは別に、子犬にとっては命取りになるような危険な感染症を予防できる、混合ワクチンという予防接種があります。
予防できる病気の数によって種類があり、8種混合ワクチンで8,000円前後です。十分な免疫をつけるために、子犬では16週齢までの間に3回ほどワクチンを打ちますが、1回目のワクチンはペットショップ等で済ませていることが多いので、残りの2回を動物病院で接種します。

暮らすための初期グッズ:5万円程度

我が家の場合は、ペットショップで一式セットで購入したため、下記すべてまとめて50,000円程度でした。

ケージ(サークル):愛犬が安心できるように専用のおうちスペースを設けてあげましょう。

クレート:愛犬の移動用かごとして活用します。被災時にも必要になりますので必須です。

トイレ:自宅でもうんち、おしっこをしますので、その際に利用します。

食器:ドッグフードは愛犬専用の食器であげましょう。

ウォーターノズル:自宅で愛犬がいつでも自由に水が飲めるように設置しましょう。

ベッド:愛犬がゆっくり眠れるように、ケージの中に専用スペースを設けてあげましょう。

おもちゃ:ロープや人形、骨型のおもちゃが一般的です。最初は2~3個でOKです。

お散歩用の初期グッズ:4,000円程度

首輪:1,000円程度

リード:2,000円程度

水入れボトル:1,000円程度 ※散歩中の愛犬のおしっこを流したり、水分補給に利用します。

【合計】最低限のイニシャルコスト(初期費用):27万3,000円

最低限のランニングコスト(定期費用)

狂犬病予防注射:3,500円程度/年に一回

現在日本で狂犬病の発生はありませんが、万が一感染・発症してしまうと治療法がないため、絶対にかかっていけない恐ろしい病気です。
人にも感染するので、愛犬だけではなく日本を守る気持ちで、必ず毎年1回予防接種を受けましょう。

こちらも多少の差はありますが、料金は「注射済票」の交付料と合わせて3,500円前後です。

食費:3,000円程度/毎月

主にドッグフード代です。(おやつ代込み)

これは質によりピンキリですが、我が家は健康を重視してロイヤルカナンという結構高めのドッグフードにしています。7.5Kg(75日分)をまとめ買いして単価を安くしています。

商品を変えればここはもう少し削れると思います。

ペットシーツ:1,000円程度/毎月

自宅でおしっこ、うんちをする際のトイレ用シートです。

お家であまりトイレをしない子もいますが、我が家の場合は毎日1~2回程度は家でもおしっこをするため、毎日1枚取り換えています。(うんちは基本散歩の時にします)

こちらもまとめ買いをして単価を安くしています。

散歩用うんち処理袋:1,000円程度/毎月

我が家の場合は、毎日2回散歩をして、散歩1回につき2~3枚程度使います。(一日4~6枚:一か月120枚~180枚)

トリミング代:7,000円/2か月に一回

こちらは犬種によって必要ない場合もありますが、我が家の場合は2か月に1回程度通っており、行くたびに結構ばっさりカットしてしまいます。

シャンプーや簡単なカットであれば自分でやってしまうことも可能です。

いろいろ体を触ってみると知らないうちに出来ているニキビや炎症などの早期発見にもつながりますので、ぜひ挑戦してみてください。

電気代:通常利用+2,000円程度/毎月(夏の場合)

犬の室内の適温は22~25℃前後、湿度は60%であるため、特に夏は基本的にエアコンはつけっぱなしです。電気代は通常よりもかかることを覚悟しましょう。

【合計】最低限のランニングコスト(定期費用):9,000円/1か月

その他:あると嬉しいもの

上記以外にも、ペット保険や避妊手術、去勢手術等の獣医療費、フィラリア・ダニ予防、しつけ教室、その他便利グッズなどいろいろと必要なものはありますが、最初の段階で必須とまでは言えないため今回は除外させていただきました。

しかし、あると便利だったり、安心なものはいくつもありますので、別途ご紹介できればと思います。

まとめ

改めて計算してみると、

【最低限のイニシャルコスト(初期費用):合計 27万3,000円】

【最低限のランニングコスト(定期費用):合計 9,000円/1か月】

という結果になりました。

しかし、我が家の場合は、実はペットローンを利用したため、

【愛犬購入費用:20万円】と【暮らすための初期グッズ:5万円】についてはランニングコストになっています。

つまり、【初期費用:2万3000円】【月々のコスト:19,000円程度(最初の2年間)】というのが実際のところでした。

他にも突発的なコストはありますので、10万円程度愛犬のために使えるお金があると、最低限の準備費用としては十分だと思います。

※ペットローンは要するに借金ですので、ご利用は計画的にすることをお勧めします。

今回ご紹介した例は、あくまで我が家のケースですので、すべての方に当てはまるわけではありませんが、環境が近い方はぜひ参考にしていただければと思います。

最後に、犬種で迷っている方に向けて「ミニチュア・シュナウザー」のご紹介もさせていただいておりますので、参考にご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました